OIL by 美術手帖で上野英里の作品販売がスタート

2022.11.4

OIL by 美術手帖がおすすめの作家を紹介する企画「OIL SELECTION」で上野英里を取り上げていただきました。新作4点を含む作品販売が開始しました。取材記事と作品ページ合わせて、ぜひご覧ください。

▶OIL by 美術手帖 上野英里作品


原游、大河原愛、下家杏樹が展示に参加

2022.10.27

東急渋谷本展にて開催中の「秀作絵画展」現代アート特集内で原游、大河原愛、下家杏樹の作品を展示しております。

 「秀作絵画展」
会期/10月27日(木)~11月9日(水)
会場/渋谷・東急本店 8階 美術画廊

▶MORE INFO


大河原愛がグループ展に参加

2022.10.11

大河原愛が、グループ展に参加します。少女を描いた新作を数点出品いたします。

 「東武 絵画市 2022」特集:花園 -麗しの美少女たち-
会期/10月20日(木)~10月25日(火)
会場/東武 船橋店 6階イベントプラザ

▶MORE INFO


上野英里がグループ展に参加

2022.10.4

上野英里が、西武渋谷店で開催中の10名の作家によるグループ展「diverse paintings」に参加しております。

 「diverse paintings」
会期/9月28日(水)~10月10日(月・祝)
会場/西武 渋谷店 B館8階 美術画廊・オルタナティブスペース

▶MORE INFO


下家杏樹作品をOIL by 美術手帖にて販売中

2022.9.24

ただいま銀座蔦屋書店にて開催中の、下家杏樹の個展「Meditation Room」(~10/7)に併せて、出品作品の一部をアート専門のECサイト OIL by 美術手帖にて並行販売されております。大変ご好評いただき、販売可能作品残りわずかとなりますので、ぜひお見逃しなく。下記のリンクからご覧いただけますと幸いです。

▶OIL by 美術手帖 下家杏樹作品

カネコアツシ ジクレープリントをOIL by 美術手帖にて販売中

2022.9.9

漫画家・カネコアツシのオリジナルジクレープリントを、アート専門のECサイト OIL by 美術手帖にて販売しております。
「ミュタンテ!」と題したシリーズで、身体の一部分がミュータント化していく若者たちの何気ない日常の一瞬をクールに描き出しました。色彩鮮やかなジクレープリントで限定エディション、直筆サイン入り。下記のリンクからご覧いただけますと幸いです。

▶OIL by 美術手帖 カネコアツシ作品

下家杏樹 銀座蔦屋書店にて個展開催

2022.9.8

下家杏樹の個展を、9月17(土)から銀座蔦屋書店にて開催いたします。

下家杏樹 「Meditation Room -瞑想の部屋-」
会期/9月17日(土)~10月7日(金)
会場/GINZA SIX 6F 銀座蔦屋書店 アートウォールギャラリー
時間/店舗HPをご確認ください

▶MORE INFO

青木絵理 ノダコンテンポラリーにて個展開催

2022.7.12

青木絵理の個展を、8月26日(金)からノダコンテンポラリーにて開催いたします。

青木絵理「羊水の垢」
会期/2022年8月26日(金)~9月17日(土)
会場/NODA CONTEMPORARY

▶MORE INFO

ART OSAKA 2022出展のお知らせ

2022.7.1

ART OSAKA 2022 Galleries Sectionに出展いたします。

ART OSAKA 2022 Galleries Section
会期/2022年7月8日(金)~7月10日(日)
会場/大阪市中央公会堂
出品作家/カネコアツシ、森泉岳土、大河原愛、下家杏樹

▶MORE INFO

しりあがり寿 銀座三越にて個展開催

2022.6.4

しりあがり寿の個展を、6月15日(水)から銀座三越にて開催いたします。

しりあがり寿「心頭滅却すれば火もまたCOOL!! 銀座展」
会期/2022年6月15日(水)~6月20日(月)
会場/銀座三越 本館7階 ギャラリー

▶MORE INFO

下家杏樹 韓国でグループ展に参加

2022.5.28

下家杏樹が韓国・ソウルのギャラリー、FFFでわだちずさんとの2人展に参加しています。

Anju Shimoie・Wada Chizu「Close To You」
会期/2022年5月20日(金)~6月11日(土)
会場/FFF(韓国・ソウル)

▶MORE INFO

上野英里 新宿髙島屋にて個展開催

2022.5.10

上野英里の個展を、6月8日(水)から新宿髙島屋にて開催いたします。

上野英里「Inventing a Humanity」
会期/2022年6月8日(水)~6月20日(月)
会場/新宿髙島屋 10階 美術画廊

▶MORE INFO

下家杏樹 BSフジ「ブレイク前夜」に出演

2022.3.30

次世代のアーティストを紹介するテレビ番組、「ブレイク前夜」に下家杏樹が出演します。是非ご覧ください。

「ブレイク前夜」〜次世代の芸術家たち〜
毎週火曜 BSフジ 21:55~22:00

下家杏樹出演回: 4月5日(火)

▶公式HP

カネコアツシ&森泉岳土 二人展 開催

2022.3.15

漫画家・カネコアツシ、森泉岳土の二人展を銀座三越にて開催いたします。

カネコアツシ&森泉岳土 二人展 “DOUBLE-HEADED”
会期:4月20日(水)~4月26日(火)
会場:銀座三越 本館7階 ギャラリー

▶MORE INFO

武藤江美奈 「VOCA展2022」に出品

2022.3.3

武藤江美奈が、上野の森美術館で開催される「VOCA展2022」に出品いたします。
「VOCA展2022」は、全国の美術館学芸員、研究者などから推薦された33名(組)の作品が並ぶ、若手作家の登龍門として名高い展覧会です。
惜しくも入賞は逃しましたが、油彩表現への飽くなきアプローチを続ける武藤江美奈の渾身の大作をぜひ、上野の森美術館でご覧ください。

「VOCA展2022」
会期:3月11日(金)~3月30日(水) ※無休
会場:上野の森美術館
時間:10:00~17:00

▶MORE INFO

コラム更新のお知らせ

2022.2.8

この度ご縁があり、絵画コレクターの寺田創一様に大河原愛の作品評を執筆いただきました。
COLUMNページより、ご覧いただけます。ぜひご一読ください。

▶【大河原愛 作品評】
卓越したデッサン力 身体と精神の相克にみる精神性 省略・消去から「垂直的時間」を感得

原游 越後妻有里山現代美術館で企画展に参加

2022.1.29

越後妻有里山現代美術館MonET(新潟)で企画展「北越雪譜アドベンチャー」に原倫太郎+原游が参加しています。

「北越雪譜アドベンチャー」
会期:1月29日(土)~3月13日(日)
会場:越後妻有里山現代美術館MonET
参加作家:髙橋匡太、原倫太郎+原游、深澤孝史、KOSUGE1-16、ほか

▶公式HP

下家杏樹 アートコレクターズに掲載

2022.1.26

アートコレクターズ2月号、完売作家特集2022に下家杏樹が掲載されています。「下家杏樹 MUTATION」(2021年10月15日~11月5日銀座蔦屋書店)での販売実績で今回紹介していただきました。

上野英里 作品展示のお知らせ

2022.1.23

大阪の中崎町にあるセレクトショップ、CEDARWOODにて上野英里の作品を展示・販売いただきます。

上野英里 「誰が 捧げる 誰に-Who serves Whom?-」in CEDARWOOD
期間:2月12日(土)~3月6日(日) ※無休
会場:CEDARWOOD(大阪市北区中崎1丁目3-24)
時間:13:00~19:00

▶MORE INFO

冬季休廊のお知らせ

2021.12.27

ノダコンテンポラリーは、12月26日(日)-1月5日(水)まで休廊いたします。
年明けの展覧会予定は、随時更新いたしますので、Exhibitionよりチェックいただけると幸いです。

本年もありがとうございました。どうぞ良いお年をお迎えください。
皆様にとって幸多き新年となりますよう、お祈りしております。

NODA CONTEMPORARY

下家杏樹の作品 銀座蔦屋書店にて展示中

2021.12.27

下家杏樹の新作が、GINZA SIX 6Fの銀座蔦屋書店にて展示されています。(展示終了日未定)
お近くにお立ちよりの際には、ぜひご覧ください。

下家杏樹「たわむれ」 キャンバスに油彩 F15号 2021

上野英里 オリジナルジクレープリント先行販売中

2021.12.1

12月3日から開催となる上野英里の個展に合わせ、オリジナルジクレープリントを限定販売いたします。先行販売といたしまして、ノダコンテポラリーオンラインショップにて、12月1日(水)正午から販売中です。

“The One”、“Or he goes crazy”の2作品となり、それぞれ限定20部となっております。

個展会場でも展示・販売いたしますので、ぜひご来場いただけますと幸いです。

ONLINE SHOP

原游企画・オンライン公開講座のお知らせ

2021.11.24

この度、原游が企画したオンライン公開講座が始まります。
テーマは「大地の芸術祭」について。
毎度それぞれ講師を招いて、計3回の開催です。
初回は11月24日(水)19時からとなっております。
どなたでも参加可能。YouTubeにて無料配信されますので、ぜひご参加ください。

詳細/名古屋造形大学ホームページ

武藤江美奈展 リアに掲載

2021.11.24

今年6月にノダコンテンポラリーで開催した、武藤江美奈の個展「about:blank」のレビューが、芸術批評誌REARに掲載されています。
大島徹也さま(多摩美術大学 准教授)に執筆いただきました。

書店、ミュージアムショップなどでお見かけの際はぜひお手に取っていただけますと幸いです。

上野英里 個展「誰が 捧げる 誰に」 
12月3日から開催

2021.11.10

上野英里の個展を12月3日(金)から開催いたします。

Youtubeなどで視聴した、舞台や映画、報道番組などのワンシーンを、独自のペインティング作品として昇華させるアーティスト・上野英里。

ノダコンテンポラリーでは昨年に続き、今回が2度目の個展となります。
その間にも東京・大阪のアートフェアで作品を発表し、多くの反響を得ました。本展では映画や舞台から描くシリーズ数点を含む、新作20数点を展示いたします。

上野英里 「誰が 捧げる 誰に-Who serves Whom?-」
会期:12月3日(金)~12月25日(土)
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)
時間:11:00~18:00
日、月休み

原游 絵画展 「Flapping」東急百貨店本店にて開催

2021.10.19

「Floating Genki Girl」 キャンバスに油彩 F6 2021年

原游の個展が東急百貨店本店 美術画廊にて開催されます。

東急百貨店での個展は、今回で5度目になります。
羽ばたき(Flapping)をテーマに、画面の中の様々なものや色彩のアクションをリズミカルに描く、ポップでキュートな原游の世界をどうぞご覧ください。

原游 絵画展 「Flapping」
会期:2021年10月28日(木)~11月3日(水・祝)
会場:渋谷・東急本店 8階美術画廊
時間:10:30〜18:30 (※最終日は17:00閉場)

下家杏樹 銀座蔦屋書店にて作品展示

2021.10.5

銀座蔦屋書店にて、下家杏樹の作品展「MUTATION」を開催いたします。
描き下ろしの新作を中心に、10数点の油彩画を個展形式で展示いたします。
ぜひご高覧ください。

下家杏樹 「MUTATION」
期間:10月15日(金)~11月5日(金)
会場:GINZA SIX 6F 銀座蔦屋書店 インフォメーションカウンター前
時間:10:30〜21:00

北上ちひろ 銀座蔦屋書店にて展示中

2021.9.19

銀座蔦屋書店 デルタスペースの一角で、北上ちひろの作品を展示いただいております。
どなたでも、ご覧いただける場所です。ぜひお立ち寄り頂けますと幸いです。

期間:9月29日(水)まで
会場:GINZA SIX 6F 銀座蔦屋書店
時間:10:30〜20:00

武藤江美奈 VOCA展2022に出品

2021.8.21

武藤江美奈が、VOCA展2022の出品作家に選出されました。

VOCA展2022 現代美術の展望-新しい平面の作家たち-
会期:2022年3月11日(金)~3月30日(水)

出品作家33名(組)は上野の森美術館HPにて公開されています。

銀座三越にて8月4日から 三人展開催

2021.7.24

銀座三越にて三人展を開催いたします。
ポップな画面の中に絵画的な実験を展開する原游 (東京藝術大学大学院修了)、
淡い色彩で繊細な心象風景を描く北上ちひろ (東北芸術工科大学卒業)、
少しレトロな作風でキュートな世界観を描く下家杏樹 (名古屋芸術大学大学院修了)。
個性あふれる3人の女性作家による3人展を開催いたします。
この機会にぜひご来店ください。

「原游・北上ちひろ・下家杏樹 三人展」
会期:2021年8月4日(水)~8月10日(火)
最終日は午後6時閉場
会場:銀座三越 本館7階ギャラリー

ART OSAKA 2021出展のお知らせ

2021.7.6

金子美早紀「海王の波颪」

大阪市中央公会堂にて開催される、ART OSAKA 2021に出展いたします。
今回は上野英里の作品を個展形式で展示いたします。

NODA CONTEMPORARYブースNo.S-7
出品予定作家:上野英里

ART OSAKA 2021
会期 :2021年7月18日(日)~7月20日(火)
 ・プレビュー
 7月18日(日) 12:00-16:00
 VIP・招待者、プレス関係者のみ
 ・一般公開
 7月18日(日) 16:00-20:00
 7月19日(月) 12:00-20:00
 7月20日(火) 11:00-17:00
会場 :大阪市中央公会堂 3階 [中集会室/小集会室]

※事前予約制
詳しくは公式HPをご覧ください。

しりあがり寿 展
伊勢丹新宿店にて開催中

2021.6.25

伊勢丹新宿店本館6階アートギャラリーにて4度目となるしりあがり寿の個展、「あらがったり、あらがわなかったり。」を開催中です。
アクリル画、墨絵、陶芸作品など、盛りだくさんの内容で展開しております。

しりあがり寿 展「あらがったり、あらがわなかったり。」
会期:2021年6月23日(水)~6月29日(火)
時間:10:00〜20:00 (最終日18:00閉場)
会場:伊勢丹新宿店 本館6階 アートギャラリー

ノダコンテンポラリー 期間限定ショップ
JR名古屋タカシマヤに出店中

2021.6.18

JR名古屋タカシマヤに、ノダコンテンポラリー期間限定ショップを出店中です。
3月のアートフェア東京でも好評いただいた、3名の作家を展示しています。
紳士服フロアでの展示ということで、沢山のお客様にご覧いただけることを楽しみにしております。

◾︎出展作家
原游
大河原愛
下家杏樹

ノダコンテンポラリー期間限定ショップ
会期:2021年6月16日(水)~6月29日(火)
時間:10:00〜20:00
会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ
7階 ローズパティオ

武藤江美奈「about:blank」 
6月4日から開催

2021.5.20

武藤江美奈の個展を6月4日(金)から開催いたします。

武藤江美奈 (むとうえみな)は、1987年 岐阜県出身、2013年 名古屋造形大学大学院 造形研究科修了、NODA CONTEMPORARYでは、3年半ぶり4度目の個展となります。

独自の抽象表現を探求し、油絵という表現技法にこだわりつつ、その色彩や質感、画面構成を進化させ続けてきた武藤江美奈の新たな境地を展開いたします。

武藤江美奈 「about:blank」
6月4日(金)~6月26日(土) 11:00~18:00 日、月休み
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)


「モダン&コンテンポラリーアート展」 
4月20日から開催

2021.4.10

このたびNODA CONTEMPORARYでは、特別企画として、「モダン&コンテンポラリーアート展」を開催いたします。

シャガールをはじめ世界的な巨匠作家から、現在活躍中の加藤泉といった現代美術家にいたるまで、NODA CONTEMPORARYがコレクションしているセカンダリーの版画作品を展示・販売いたします。

これからの未来に間違いなく残っていくであろう良質な作品をセレクトして、お届けします。
コロナ禍ではありますが、感染予防対策を行っております。入場無料ですので、お気軽にお立ち寄りいただければ幸いです。


「モダン&コンテンポラリーアート展」
4月20日(火)~4月29日(木・祝) 11:00~18:00 
会期中無休(日曜、祝日も営業いたします)
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)

金子美早紀の新作銅版画を販売いたします

2021.3.16

金子美早紀の2021年の新作銅版画を、3月17日(水)の20時頃~オンラインショップにて販売いたします。

また、3月19日から開催のアートフェア東京2021の会場でも、作品をご覧いただけます。お気軽にお申しつけくださいませ。

ノダコンテンポラリーオンラインショップでは、これまでの作品も取り扱っております。ぜひご覧ください。

新作紹介ページ

アートフェア東京2021出展のお知らせ

2021.2.16

金子美早紀「海王の波颪」

東京国際フォーラムにて開催される国内最大規模のアートフェア「アートフェア東京2021」に出展いたします。

今回は人気作家の原游・大河原愛に加え、アートフェア初出品となる若手作家、上野英里・下家杏樹も参加いたします。そして、しりあがり寿の新作墨絵作品をメインに展開いたします。

※金子美早紀の作品は、本年はノダコンテンポラリーのオンラインショップにて発表/販売を行う予定です。作品の公開は、アートフェア東京と同じ頃を予定しております。毎年楽しみにしていただいているお客様、今回ご来場がかなわないお客様にも広く作品を観ていただく機会になれば幸甚です。

NODA CONTEMPORARY
ブースNo.G008
出品予定作家:原游、大河原愛、上野英里、下家杏樹、しりあがり寿

アートフェア東京2021
会期 :2021年3月19日(金)~3月21日(日)
会場 :東京国際フォーラム
チケット:4,000円 (税込) 
※ご招待を含むご入場の全てのお客様が事前オンライン予約が必要となります。
詳しくは公式HPをご覧ください。


金子美早紀が高知国際版画トリエンナーレで入賞しました

2021.1.26

金子美早紀「海王の波颪」

3年に1度、版画芸術のさらなる発展を願って開催されている「高知国際版画トリエンナーレ展」、その第11回大会で、金子美早紀が「日和崎尊夫賞」を受賞しました。

世界に誇る日本の伝統和紙の産地・高知で開催する意義から、出展作品の素材は紙に限定されており、また、世界各国から公募を募り、国際的な作品展として注目されています。

公式ホームページにて受賞作品が一挙公開されています。
ぜひご覧ください。

受賞作品:金子美早紀 「海王の波颪(かいおうのなみおろし)」
銅版画 30部限定 2019年作 75×26.5cm

上野英里 インタビュー記事をアップしました

2020.11.14

ノダコンテンポラリーで11月13日(金)から開催している上野英里の個展にあわせ、作家インタビューを行いました。

作品に込めた思い、制作背景についてなどを記事にしています。

展覧会をご覧になった方も、まだご覧になられていない方も、ご一読くだされば幸いです。

上野英里 インタビュー

上野英里 「ひとりじゃない -You're not the one-」
11月13日(金)~12月5日(土) 11:00~18:00 日、月休み
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)

【作家在廊日】
期間中の毎週土曜日 (11/14、11/21、11/28、12/5) ※予定

映画『ミッドナイトスワン』に大河原愛が描いた作品が出ています

2020.10.15

9月25日(金)より公開中の映画『ミッドナイトスワン』 の劇中に出てくる作品を、大河原愛が描きました。

現在全国150館で公開されており、大ヒット中です。

もしご覧の際は大河原の作品にもご注目ください。

 『ミッドナイトスワン』
出演:草彅剛、服部樹咲 ほか
監督・脚本:内田英治(「全裸監督」「下衆の愛」)

肖像画制作:大河原愛


映画公式サイトはこちら

上野英里「ひとりじゃない -You're not the one-」 
11月13日から開催

2020.10.13

ノダコンテンポラリーでは初となる上野英里の個展、「ひとりじゃない -You're not the one-」を11月13日(金)から開催いたします。

上野英里 (うえのえり)は、2019年に名古屋芸術大学洋画科を卒業し、現在は研究生として在籍しています。

上野英里は、演劇やミュージカルなどの舞台の一幕を主に描いています。
ただし、それは実際に客席から観劇した舞台ではなく、YouTubeで視聴した舞台の映像のワンシーンを任意に切り取って、最終的にペインティングとしてキャンバスに定着させるのです。
そこにはもはや、いつ、どこで、誰が演じている、どういう物語の、何という舞台か、という事実は意味を持ちません。
匿名性に満ちた群衆は、群衆という一つの固まりとして無人格に描かれ、始まりも終わりもなく、当初の舞台や映像では(恐らく)まったく意図していない、独立したワンシーンとして、特異な情感を観るものに喚起させます。
タブレット端末のディスプレイを介して描かれた画面は、古い映画のフィルムのように粗く不鮮明で、どこか不穏な雰囲気を帯びています。
映し出された画面を構成するための、単なる素材としての人々。その存在の寄る辺のない危うさと美しいほどの孤独を、彼女は描こうとしているのかもしれません。
どうぞ、上野英里の世界をご覧いただければ幸いです。


*本展に、名古屋芸術大学美術学部教授の吉本作次先生に文章をお寄せいただきました。文章はこちら


上野英里 「ひとりじゃない -You're not the one-」
11月13日(金)~12月5日(土) 11:00~18:00 日、月休み
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)

【作家在廊日】
期間中の毎週土曜日 (11/14、11/21、11/28、12/5) ※予定

原游が「展覧会の絵」に参加しています

2020.10.1

みなとみらい線 新高島駅ホームで「展覧会の絵」が開催されています。
原游は、2014年制作の「クマL」を展示しています。
ホームへの階段を下ると巨大なクマがお出迎え。
みなとみらい線(新高島駅~元町・中華街駅)の駅構内で、様々なアート作品の展示・パフォーマンスが行われるようです。
お近くにお立ち寄りの際はぜひ足をお運びください。

「展覧会の絵」
会期:2020年9月26日(土)〜10月11日(日)
会場:原游作品は、みなとみらい線 新高島駅ホーム


詳細はこちら

桐野夏生 著 『日没』発売されました

2020.9.30

桐野夏生さんの最新刊、『日没』の表紙に大河原愛の作品が使用されました。
表紙カバーを取ると、隠れたデザインが。本のspine(背)と、人体のspine(脊椎)が重なる、というものになっています。

桐野夏生『日没』
装丁:鈴木成一デザイン室
装画:大河原愛「深層の森」
発行:岩波書店

『日没』は、9月29日から発売中です。書店でお手に取って見ていただけますと幸いです。

詳細はこちら





大河原愛 個展 松坂屋名古屋店 アンテナプラス・アートにて開催

2020.9.18

このたび大河原愛の作品が、桐野夏生さん著『日没』の装画に起用されることとなりました。

9月末の書籍の刊行を記念し、松坂屋名古屋店 アンテナプラス・アートのスペースで展覧会を開催いたします。
本展では『日没』の装画に起用された作品はもちろん、新作もあわせて展示いたします。

ぜひご高覧くださいませ。

大河原愛 展 「Spectrum」
会期:2020年9月30日(水)~10月6日(火)
時間:10:00〜19:30 (※最終日は16:00閉場)
会場:松坂屋名古屋店 8階アンテナプラス・アート

武藤江美奈 個展 東急百貨店本店 美術画廊にて開催

2020.9.2

武藤江美奈の個展が東急百貨店本店 美術画廊にて開催されます。

絵画とは、何か特定のものを描くためだけに存在するものではありません。作者と油絵具そのものの意志を融合させ、絶対的な調和を求め続けた画面には、
絵画が絵画としてのみ存在することへの純粋な喜びで溢れています。新作約20点を展示いたします。進化し続ける油彩画家・武藤江美奈の世界をご覧ください。

-----
私の絵画は無対象である

偶然と必然の狭間のバランスは不確かなものではあるが
オイルと絵具の『場』を創り
私と絵の意思を一体化させることを目指している

川が変化し流れるように、風に掴める形がないように
場に溶け込む、自然体のあるがままのただそこにある絵画を

いつまでも変わりゆく、風景や自然が常に変化していくことと同じように
一つとして同じ景色がないように
常に変化をしていく画家でありたい

武藤江美奈
-----

武藤江美奈 絵画展 「This is what I am.」
会期:2020年9月17日(木)~23日(水)
時間:10:30〜18:30 (※最終日は17:00閉場)
会場:東急百貨店本店 8階美術画廊

下家杏樹「だれにもナイショで展」 
9月25日から開催

2020.8.29

ノダコンテンポラリーでは初となる下家杏樹の個展、「だれにもナイショで展」を9月25日(金)から開催いたします。

下家杏樹 (しもいえあんじゅ)は、2020年名古屋芸術大学大学院美術研究科卒業。

下家杏樹が描く作品は、無邪気に遊ぶ子供たちや様々な事物が、まるで軟体動物のように変幻自在にその姿を伸び縮みさせ、柔らかな曲線が軽快に入り乱れています。
どこか懐かしさを感じさせるキャラクターたちはセピア調の色彩と相まって、レトロな雰囲気をまとい、強弱のある描線とフォルムが、より有機的な世界を形作っています。
一見、親しみやすく楽しげな味わいの中には微妙に「毒」や「苦み」もブレンドされて、一筋縄ではいかないこの作家の個性を感じさせます。果たして彼女が描こうとしているのはユートピアなのでしょうか?それともディストピアなのでしょうか?
デジタル化が急速に進むこの社会を背景に、フラットでクールな画面構成が主流となっている今般の現代アートですが、線と色彩と有機的なフォルムに徹底的にこだわり、画面の中のすべてに生命をあたえようとする下家杏樹の柔らかな絵画空間は、まだ誰もが見たことのない、「懐かしいのに新しい」世界観を与えてくれるでしょう。


下家杏樹 「だれにもナイショで展」
9月25日(金)~10月17日(土) 11:00~18:00 日、月休み
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)

【作家在廊日】
9月26日(土) 終日 ※予定

原游参加のグループ展、8月23日まで開催中

2020.08.7

原游が群馬県立近代美術館での企画展に参加しています。

作家がそれぞれ美術館のコレクションから選んだ作品と、自作を並べて展示し、絵画の見方を探っていくという面白い企画になっています。
原游の作品は、ルノアール、ピカソ、藤田嗣治などの絵と並べての展示されています。

「絵画のミカタ 5人のアーティストとみる群馬県立近代美術館のコレクション」
参加作家:牛嶋直子、門田光雅、鬼頭健吾、佐藤万絵子、原 游
会期:2020年6月27日(土)〜8月23日(日)
休館日:月曜日 (8月10日は開館)
会場:群馬県立近代美術館 展示室 3、4、5
時間:9:30〜17:00


詳細はこちら

しりあがり寿展が中日新聞に掲載されました。

2020.8.1

8月1日発売の中日新聞(夕刊)にて、しりあがり寿展を取材・紹介していただきました。

コロナ禍に「ゆるく、ひらく」。
このような時期だからこそ、ご覧頂きたい内容です。

(お客様に安心して作品を鑑賞いただけるよう、会場内の環境・アルコール消毒などできる限り務めております。)

この機会にぜひご来場ください。



原游の作品が横浜で展示されています

2020.07.29

原游の作品が、横浜の象の鼻テラスで展示されています。
ZOU-NO-HANA GALLERY SERIES、記念すべき第一回目となります。

様々な日用品などが浮遊して形を作ったり、散らばったりと流れを作っている「飛ぶ教室シリーズ」作品から、
2011年作の180×180cmサイズの大型作品を2点、さらに近作を数点を組み合わせた展示となっております。

カフェもあり、広い空間で寛ぎながら絵を見ることができます。
絵や本の販売もございます、どうぞこの機会にご覧ください。

「ZOU-NO-HANA GALLERY SERIES vol.1
原游展 Yu Hara Exhibition」
会期:2020年7月28日(火)〜8月18日(火)
会場:象の鼻テラス 横浜市中区海岸通1丁目
時間:10:00〜18:00


詳細はこちら

しりあがり寿 展 『ゆるく、ひらく』 名古屋に巡回!

2020.7.25

https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/index.html

先日まで伊勢丹新宿店にて開催していたしりあがり寿展が、名古屋に巡回します

アクリル絵画、墨絵、陶芸作品など、すべて描きおろしの新作を展示・販売いたします。
東京では未発表の大型墨絵も展示します。

張り詰めていた緊張をゆるめて、希望に満ちた夏が来る…そんなワクワクした気持ちでご覧いただけますと幸いです。


しりあがり寿 展 『ゆるく、ひらく』
会期:2020年7月30日(木)~8月10日(月・祝)
 ※8月2日(日)・3日(月)休廊
 ※8月9日(日・祝)・10日(月・祝)は営業致します
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)
時間:11:00〜18:00
※入場無料

しりあがり寿 展 『ゆるく、ひらく』
伊勢丹新宿店 本館6階アートギャラリーにて開催

2020.6.20

しりあがり寿、伊勢丹新宿店では約2年ぶりとなる個展を開催いたします。

絵画・墨絵・陶芸など盛り沢山の内容で、さまざまな現実を乗り越えながら、ゆる~くひらいていく展覧会を開催いたします。

会期中は、7月19日(日)14時から作家在廊も予定しておりますので、ぜひ足をお運びください。

しりあがり寿 展 『ゆるく、ひらく』
会期:2020年7月15日(水)~7月21日(火)
会場:伊勢丹新宿店 本館6階アートギャラリー
時間:10:00〜20:00 (※最終日は18:00終了)

作家在廊日:7月19日(日)14:00~

OIL by 美術手帖のオンラインサイトで作品をご購入いただけます

2020.6.12

美術手帖が運営する、現代アート・絵画のオンラインショップ "OIL"に作品を出品しております。

様々なギャラリーや作家が参加しており、ご自宅からでも十分アート鑑賞をお楽しみいただけます。

弊社からはしりあがり寿の作品をメインに出品中。OIL限定での取り扱い作品もあり、必見です。

クレジットカード決済がご利用いただけるようになりました

2020.4.10

弊社オンラインショップで、クレジットカード決済がご利用いただけるようになりました。

WEB上で決済が完了いたしますので、よりお気軽にショッピングをお楽しみいただけますと幸いです。

ぜひこの機会にご利用くださいませ。

オンラインショップの決済方法について

2020.3.28

弊社オンラインショップでご利用いただける決済方法は、ただいま一時的に"代金引換"または"銀行振り込み"のみとなっております。

今後、カード決済もご利用いただけるように準備を進めております。
ご不便をおかけし申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。

また、版画作品やキャンバス作品の額装も承っております。
ご希望のお客様は、お問い合わせフォームからご連絡くださいませ。

アートフェア東京2020の中止を受けて。特設ページ開設、オンライン販売を行います。

2020.3.21

アートフェア東京2020は、新型コロナウィルス感染防止拡大のため、やむを得ず開催が中止となりました。
本年は、原 游・大河原 愛・金子 美早紀の3作家の出品を予定していました。
せっかくの新作を皆様にご覧いただく方法について、検討を重ねて参りましたが、多くのお客様からのご要望もあり、アートフェア東京に出品予定だった作品を、期間限定で弊社のホームページにて公開することにいたしました。本来であれば実物をご覧いただける機会を設けたいところですが、毎年新作を楽しみに待っていてくださる皆様方の、少しでも作品に触れていただく機会になればと願っています。

また、作品は弊社オンラインショップでお買い求めいただけます。
作品に関するお問い合わせも、お問い合わせフォームまたは電話にて承っております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

大河原愛がテレビ『ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜』に出演します。

2020.3.6

大河原愛が、テレビ『ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜』に出演します。

次世代アーティストを紹介する番組です。
制作の舞台裏やインタビューが放映されます。
大河原のアトリエでも取材を受けたようです。
ぜひご覧ください。

『ブレイク前夜〜次世代の芸術家たち〜』
BSフジ
2020年3月17日(火)
21時55分~22時

アートフェア東京2020 開催中止のお知らせ

2020.3.4

NODA CONTEMPORARYが出展を予定しておりました、アートフェア東京2020は新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、
開催を自粛・中止することになりました。

詳しくはアートフェア東京のHPをご覧ください。

私たちも出展に向けて準備を進めており、作家も制作を続けておりましたので、大変残念ですし、
楽しみにされていたお客様には、誠に申し訳ない気持ちでいっぱいですが、何卒ご理解ください。
今回出品する予定でいた作品に関しては、別の方法で作品をご覧いただけるよう、検討して参ります。



しりあがり寿展が中日新聞に掲載されました。

2020.2.14

2月14日発売の中日新聞(朝刊)にて、しりあがり寿展を取材・紹介していただきました。

しりあがりさんの作品がこれだけ多く一堂に会するのは、名古屋ではノダコンテンポラリーのみ!
この機会にぜひご来場ください。

しりあがりさんは、毎週月曜中日新聞(夕刊)でもコラムを連載中です。

大河原愛の作品が書籍の装画に起用されました。

2020.2.1

辻原登さんの最新刊「卍どもえ」(中央公論新社)のカバーに、大河原愛の作品が挿画として採用されました。
装丁は、鈴木成一デザイン室です。赤を基調に、中表紙までとても洗練されたデザインになっています。

作品名は、「正当な理由という曖昧な概念」。
過去の作品になりますが、本の内容に通ずるものがあり、この度起用していただくことになったそうです。

書店にてチェックしてみてください。




大河原愛が月刊 アートコレクターズ「完売作家特集」に取り上げられました。

2020.1.31

大河原愛が、月刊アートコレクターズ2月号の「完売作家全データ」にて紹介されました。

2019年の1年間に、全国のデパート、画廊、アートフェアなどで8割以上の制約を達成した作家を紹介するものです。
5月に、新宿髙島屋にて一週間開催した、大河原愛 「鼓膜に残る静寂を、優しさに変えるすべについて」を取り上げていただきました。

たくさんのお客様にご来場、また、作品をご購入いただきました。改めて感謝申し上げます。

大河原愛は、3月に開催されるアートフェア東京2020に参加します。



大河原愛掲載ページ

しりあがり寿 展 『みんな雪にうもれてしまえ。』 名古屋に巡回!

2020.1.25

https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/index.html

昨年東京で開催したしりあがり寿展が、名古屋に巡回します。

「真っ白な雪」をテーマに、墨絵、板絵、そして独創性あふれる陶芸作品などをバラエティ豊かに展示・販売いたします。


しりあがり寿 展 『みんな雪にうもれてしまえ。』
会期:2020年1月31日(金)~2月22日(土) 日曜、月曜、祝日休み
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)
時間:11:00〜18:00
※入場無料

しりあがり寿 展 『みんな雪にうもれてしまえ。』
銀座三越 7階ギャラリーにて開催

2019.12.2

https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/index.html

しりあがり寿、銀座三越では初となる個展を開催いたします。

「真っ白な雪」をテーマに、墨絵、板絵、そして独創性あふれる陶芸作品などをバラエティ豊かに展示・販売いたします。
クリスマスの時期にぴったりな作品たちがお出迎えします。

会期中は、ライブペインティング、サイン会も予定しておりますので、ぜひ足をお運びください。

しりあがり寿 展 『みんな雪にうもれてしまえ。』
会期:2019年12月18日(水)~12月24日(火)
時間:10:00〜20:00 (※12月21日(土)~23日(火)は20:30まで。最終日は18:00閉場)
会場:銀座三越 7Fギャラリー

ライブペインティング&サイン会:12月22日(日)14:00~
※サインは、お買い上げいただいた作品、もしくはサインシートに行います。色紙等のお持ち込みは不可。 


原游 絵画展 『揮発性の』
東急百貨店本店 美術画廊にて開催

2019.11.22

https://www.tokyu-dept.co.jp/honten/index.html

原游の個展が東急百貨店本店 美術画廊にて開催されます。

東急百貨店での個展は、今年で4度目になります。
日常にある雑貨など様々なものが、まるで液体が揮発してどんどん上昇していくような軽やかさで織りなすポップでキュートな画面。
今年描かれた新作展となります。原游の世界をどうぞご覧ください。

会期中は、ほとんどの日程作家が在廊しております。

原游 絵画展 『揮発性の』
会期:2019年11月28日(木)~12月4日(水)
時間:10:00〜19:00 (※最終日は17:00閉場)
会場:東急百貨店本店 8階美術画廊

大河原愛が"これやん" に参加しています。

2019.11.5

大河原愛が、倉本美津留さんプロデュースのアートサイト、"これやん"に参加しています。

選りすぐりのアーティストの作品を、期間限定の抽選制によって販売するサイトです。

倉本さんと大河原の対談も掲載されていますので、ぜひチェックしてください。

大河原愛の作品の販売応募期間は、11月23日までとなっております。


倉本美津留のえりすぐり
これやん

 「情の深みと浅さ」展 ヤマザキマザック美術館で開催

2019.10.1

ヤマザキマザック美術館とNCAM(Nagoya Contemporary Art Map)主催の展覧会、「情の深みと浅さ」展が始まりました。

愛知県を拠点とする18ギャラリー、25作家が出展しています。
美術館の展示空間を生かした、これまでにない展示となります。
ノダコンテンポラリーからは、原游(はら ゆう)が参加しております。

ぜひご高覧ください。

---
あいちトリエンナーレは「情」の意味を「情報」の情、「感情」の情、そして「情け」の情、と分析して、
「情」から見える現代の姿を先端的な美術作品を通して見せようとしています。
それに対して、「情」の奥行きと複層性をテーマに,
愛知県内で活動するギャラリーがヤマザキマザック美術館の展示室の一部を使用して
現代のアーティストを紹介します。(企画協力:愛知県美術館 拝戸雅彦)
---

展覧会名 / 「情の深みと浅さ」展
会期 / 2019年10月1日(火)~14日(月・祝)
会場 / ヤマザキマザック美術館
   名古屋市東区葵1-19-30
入場料 / 一般1000円、小中高生500円、小学生未満無料

小口志帆 展「今日、コップの底が消えていた」 
10月18日から開催

2019.9.25

小口志帆展、「今日、コップの底が消えていた」を10月18日(金)から開催いたします。
2017年のノダコンテンポラリーでの個展から2年、その間、様々な場所で作品を発表した小口。
絵画はもちろん、音を題材にした作品を作るなど、枠に捉われない発想で様々な表現を模索し続けています。
虚無感が漂いながらも、どことなくユーモアを感じさせる彼女の作品に、多くの人が魅せられています。

新作を含め、この2年間に制作された作品を展示いたします。ぜひご高覧ください。

---
日常にあふれる様々なもの、コップや本や窓や壁を、そこにあるものとして納得しながら過ごしているけれど、
本当は、私の知っているようなものかたちではなくて、目を離したすきに全く違う顔でこちらを見つめている、そんな気がする。例えば、コップから底を抜き取ったら、それはコップか?それともコップの形をした別のものか?
もしも底を抜いたことでコップでなくなるのなら、さっきまでそこにあった「コップ」はどこへ行ったのだろうか?
例えば、私から何を抜いたら私は「私」ではなくなるのだろうか。むしろ、今の私は果たしてどこまで「私」なのだろうか?

小口志帆
---

小口志帆 展「今日、コップの底が消えていた」
10月18日(金)~11月9日(土) 11:00~18:00 日、月休み
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)

【作家在廊日】
・11月6日(水)
・11月9日(土)
※日程は変更になることがありますので、ご了承ください。

8人の作家によるグループ展 「Swing !」 
9月12日から開催

2019.8.22

あいちトリエンナーレ2019に合わせて、ノダコンテンポラリーの取り扱い作家8人によるグループ展、「Swing !」を9月12日(木)から開催いたします。 

それぞれ確固たる軸を持ちながら、様々な表現を行きつ戻りつ模索し続ける作家たちの姿勢と、上下左右またはぐるぐると揺れ動く筆やペンの軌跡のイメージを重ね合わせて「Swing」!
ぜひご高覧ください。

【出展作家】原游/大河原愛/しりあがり寿/武藤江美奈/
磯部由香子/金子美早紀/赤星周/北上ちひろ

「Swing !」
9月12日(木)~10月5日(土) 11:00~18:00 日、月休み
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)

大河原愛が月刊 アートコレクターズに掲載されました。

2019.7.06

大河原愛の作品が、月刊アートコレクターズに掲載されました。

ヌード特集、人気作家×ヌードという枠で取り上げていただきました。

また、先月まで新宿髙島屋にて開催していた大河原の個展のレポートも執筆いただき、同じ号に掲載されています。
ぜひお手にとっていただけますと幸いです。

アートコレクターズ7月号

人気作家×The Nude

展覧会レポート

大河原愛が雑誌 ExtrARTに掲載されました。

2019.6.28

大河原愛の作品が、ExtrART(エクストラート)に掲載されました。
ExtrARTは、作家紹介・展覧会レポートなどをメインとするアート雑誌です。

長きにわたって大河原の作品を観ていただいている、批評家・志賀信夫様に取材、執筆いただきました。

8ページにわたって、大きく記事を組んでいただいております。
ぜひお手にとっていただけますと幸いです。

ExtrART公式HP

ExtraART file.21

P.10

P.14~15

稲田翔平 展「STAR ARROW」 
6月21日から開催

2019.5.24

稲田翔平 初個展となる、「STAR ARROW」を6月21日(金)から開催いたします。 

一定の比率を保ったキャンバスに、アクリル絵具を用いて描かれた作品。
一見すると幾何学的抽象絵画のように見えますが、シンプルな要素で構成されながらも、鑑賞者を引き込む遊び心にあふれ、多様な表情を見せます。

本展では、新作を含めた約15点を展示いたします。ぜひご高覧ください。

---
僕がこれらを描きました。作りました。僕がこれらを作っていた時間、そのことを考えた時間は、それに費やした。
話しているうちに、口車に乗せられたかもしれない。車に乗って移動。走る道があった。
これらを作ったのは僕。それ以外のものは、作ってない。車などは作っていない。
作っていないが、乗る。乗って移動。たぶん斜めに移動した。線を描いていました。記憶をさかのぼって考えたとき、僕は何を描くかについて注目したことはあまりない。
鉛筆の芯を尖らせることをポリシーとして白い紙に乗り込んだ。消しゴムを使うことは許されなかった。
20年前。キャンバスというやつが、向こうからやって来た。パッパとクラクション。7、8年前。練習の人は、練習する。自分の身に降りかかるすべてを練習とする。本番も練習とする。
練習の方がうまくいく事が多い。それで、できる事が増えていく。
やきとりの串の様に、様々な具を貫こうとする。矢。絵というものは、きっといいものだと思って、、、パルコで売ってるスニーカーとか。地球にあるものとして。

稲田翔平
---

稲田翔平 展「STAR ARROW」
6月21日(金)~7月13日(土) 11:00~18:00 日、月休み
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)

原游+原倫太郎が瀬戸内国際芸術祭2019に参加しています。

2019.05.10

弊社取り扱い作家の原游、そして原倫太郎ユニットが瀬戸内国際芸術祭に参加しています。
木琴型、シーソー型、7人でプレイできる卓球台などを設置した、原倫太郎+原游による卓球のテーマパーク、<PING PONG SEA>が大人気です!

春夏秋と、会期中すべてのシーズンでご覧(遊んで)いただけます!

「瀬戸内国際芸術祭2019」
会期:春 2019/4/26(金)‒ 5/26(日)、夏 20197/19(金)‒ 8/25(日)、秋 2019/9/28(土)‒ 11/4(月)
時間:9:00-16:30
会場:女木島「島の中の小さなお店」プロジェクト内(高松港からフェリーで20分、女木港から徒歩5分)


詳細はこちら

大河原愛 展 『鼓膜に残る静寂を、優しさに変えるすべについて』
新宿高島屋 美術画廊にて開催

2019.05.05

大河原愛の個展が新宿髙島屋 美術画廊にて開催されます。

本展では、近年の研究より生み出した、エンコースティック(蜜蝋)技法を取り入れたコラージュやドローイング、ルネサンス時代の西洋画家が使用していたエマルジョン下地を用いた油絵など、
独自の技法によるおよそ30作品を展示、販売いたします。

---
アインシュタインが「知識には限界がある。想像力は世界を包み込む」といったように
想像力は、何億光年も先の星と銀河を探すものにもなったり、
他者の痛みを想像することで、優しさを生み出すものにもなったりする。
腕や頭部の欠損したギリシャ彫刻がより美しく見えるのは、不完全であることがむしろリアルであるからかもしれない。
完璧でバランスのとれたフォルムよりも、私は不完全で不均衡なフォルムにそそられる。
精神に形は存在しないが、精神は何らかのフォルムを持っているように思えてならない。
私は常にそういった感覚的なフォルムを見つけ出そうと試みている。
私は、人の心の闇と痛みと、そこから滲み出る光を描き出したい。

大河原 愛
---

大河原愛 展 『鼓膜に残る静寂を、優しさに変えるすべについて』
会期:2019年5月22日(水)~6月3日(月)
時間:10:00〜20:00 (※金・土曜日は20:30まで。最終日は16:00閉場)
会場:新宿髙島屋 10階美術画廊

会期中、5月25日(土)17:00からはオープニングパーティーを開催いたします。ぜひご高覧ください。

赤嶺智也 展 『踊る人々』
松坂屋名古屋店 アンテナプラス・アートにて開催

2019.03.27

赤嶺智也の個展が松坂屋名古屋店 アンテナプラス・アートにて開催されます。

1984年沖縄県生まれ。1年間のイギリス留学を経て、国内各所での個展、グループ展で高い評価を受けてきた気鋭のアーティスト。故郷である沖縄を愛し、そこに暮らす人々を独特な色彩感覚でダイナミックに描いたその作品は、世界を力強く生きていこうとするポジティヴなエネルギーに満ちています。本展では絵画、版画など、新作を含む約30点を展示、販売いたします。

赤嶺智也 展 『踊る人々』
会期:2019年3月27日(水)~4月2日(火)
時間:10:00〜19:30(最終日は16時閉場)
会場:松坂屋名古屋店本館8階 アンテナプラス・アート(美術画廊横)

会期中、3月31日(日)は作家終日在廊。
また、14時~会場にてアーティストトークも開催。
ぜひご高覧ください。

原游がイラストを担当した絵本が完成しました。

2018.02.23

弊社取り扱い作家の原游、そして原倫太郎ユニットによる絵本制作プロジェクトが昨年より進行中でしたが、ついに1月下旬、完成しました!

日本昔ばなしを元に、ストーリーを作るのはなんと自動翻訳機!
10種類のインターネット上の自動翻訳機能を駆使し、日本語→英語→日本語へと翻訳を繰り返し、新たなストーリーへと作り変えます。

この自動翻訳で作る絵本は、2006年に第一弾である「匂いをかがれるかぐや姫」(文化庁メディア芸術祭 エンターテインメント部門 奨励賞受賞)が発表されました。
第三段となる今回は、「おむすびころりん」が題材です。
その名も「逃亡者おむすびころりん The Runaway Riceball」です。

プロジェクト経緯から、制作背景まで。詳細はこちら

「逃亡者おむすびころりん 日本昔ばなし Remix」
税込2,000円
※ネット販売のみ。購入希望の方は、上記サイトに記載のあるemailまでお問合せください。


アートフェア東京2019に出展します。

2018.12.29

日本最大級の国際的なアートの見本市、アートフェア東京2019に来年も出展します。ノダコンテンポラリーは初年から参加し、今年で14度目の出展となります。お近くお越しの際には、ぜひお立ち寄りくださいませ。

NODA CONTEMPORARY
ブースNo.G18
出品予定作家:原游、大河原愛、金子美早紀、他

アートフェア東京2019
会期 :2019年3月8日(金)~3月10日(日)
開場 :東京国際フォーラム(有楽町駅より徒歩一分)
前売券/1DAYパスポート 4,000円 (税込) 
当日券/1DAYパスポート 5,000円 (税込)
小学生以下は、大人同伴の場合に限り入場無料

本年もありがとうございました。

2018.12.29

今年も一年、ご愛顧いただきありがとうございました。

2018年はアートフェア東京にはじまり、ノダコンテンポラリーのギャラリースペースでは5人の作家の個展を行いました。
その他、今年は百貨店でも度々ノダコンテンポラリーの作家の作品をお見せできる機会をいただきました。
これもひとえに、皆様からの日頃のご支援のおかげと心より感謝しております。

2019年も変わらぬご愛顧のほど、よろしくお願い申し上げます。

皆さまどうぞ良いお年を迎えください。


原游 Yu Hara
「Metalic Zazen」 油彩、スプレー 410×410mm 2018年

ホームページをリニューアルしました&ネットショップ近日開設!

2018.12.12

いつもノダコンテンポラリーのホームページをご覧いただきありがとうございます。
この度、ホームページをリニューアルいたしました。今回のリニューアルでは、作家の作品や展覧会情報をより見やすく、知っていただきやすいように改善しました。まだまだこれからですが今後内容を充実させていきますので、ぜひこれからもよろしくお願いいたします。
そして、今回のリニューアルの一番の目的は、ネットショップの開設です!
弊社のギャラリーは名古屋にありますが、遠方でなかなか足を運べない方も多く、また作家や作品をより多くの方々に知って、観ていただけるきっかけとなれば、と思いオープンする運びとなりました。
手軽に購入していただけることで、"気に入った絵を手元に置いて楽しむ"ということをより身近に感じていただければ幸いです。今後ともご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

大河原 愛 展 「Divergent Lights -拡散する光-」 
11月30日から開催

2018.11.14

大河原愛 展「Divergent Lights -拡散する光-」を11月30日(金)から開催いたします。 

孤独や不安、心の傷を抱えた人間の精神を奥深くまで見つめ、その暗部を描き出すとともに、存在としてのブレや揺らぎなどを画面に表現する大河原愛。その一方で、そういった人間の心の深淵に救済の感覚を伴った光をあてることによって、この世界を切実に生きようとする人間の強さをも描きます。 

最近では、ファッションアイテムのデザインに作品を提供したり、芥川賞作家・鹿島田真希の書籍の挿画に作品が採用されるなど、活躍の場を広げています。

本展では、新作の油彩とともに、ドローイングやコラージュ作品など多彩な内容で、約30点展示いたします。今回は新たなメディウムを使い、これまでにない表現にも挑戦しています。ぜひご高覧ください。

大河原愛 展「Divergent Lights -拡散する光-」
11月30日(金)~12月22日(土) 11:00~18:00 日、月休み
会場:NODA CONTEMPORARY(アークロック栄ビル3F)

NODA CONTEMPORARY

TEL 052-249-3155