青木絵理 羊水の垢
2022.8.26~9.17 NODA CONTEMPORARY

この度NODA CONTEMPORARYでは、青木絵理 個展「羊水の垢」を開催いたします。

青木絵理は、2021年 愛知県立芸術大学大学院 油画・版画領域を修了後、地元・長野を拠点に創作活動を続けています。
青木は、自身の存在の不確かさや、女性としての寄る辺のなさ、社会で生きていくうえでの様々な軋轢、不安、孤独といった心の深奥の闇を見つめ、そうした負の領域を様々な異形の生物に見立て、まったく独自の作品世界を作り上げます。
精緻な版画の技法を駆使して描画された画面は、濃密で混沌とした異様な迫力に満ち、見る者を途惑わせ、揺さぶりながらも、最終的に作品への共感か拒絶かの二者択一を迫ります。
それは、彼女が描かずにはいられなかった世界であり、同時に彼女自身の魂の救済への祈りであり、我々に力のかぎり差し出された手なのかもしれません。
近年では珍しいほどの圧倒的な描写力、造形力を持った異能の新人作家です。

本展では、愛知県立芸術大学在学中から現在に至るまでに制作された作品約15点を展示いたします。
銅版画や木版画に、鉛筆や木炭などで直接表現を加えた1点ものの作品も多数含みます。
青木絵理の初となる個展を、ぜひこの機会にご覧くださいませ。


ARTIST STATEMENT
画面上の生き物には“ともだち”という名前がついています。この生き物は私自身であり、私のアバターとして“人との関わり”の苦悩のかたちを引き出しやすくしてくれます。その苦悩と向き合い、自身の精神面に対し浄化させる到達点として一つの画面をつくっています。
版画は、自分自身から引きはがすという感覚があることや、制作上コントロール出来なかったところを認めていく心向きが必要なため、苦悩と向き合うなかで気持ちを落ち着かせてくれます。
鉛筆などでの直接表現をとりいれたのは、そういった版画の部分に直接触れて、受け入れながら、もう少し私自身の身から出てきた生々しさのある表現を見てみたいと思ったからです。
一人の人としての在り様を表現することで、共感か拒絶か、見る方々に受け止めてもらえればと思っています。

(青木絵理)


 ▶WORKS


青木絵理「羊水の垢」
会期/2022年8月26日(金)~9月17日(土)

会場/NODA CONTEMPORARY
(〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄3-32-9アークロック栄ビル3F)

【作家在廊日】※変更になる可能性もあります
8月26日(金)11:00~15:00
9月17日(土)
11:00~15:00

NODA CONTEMPORARY

TEL 052-249-3155