原游 あいちからの発信/発進

 

今日から、市民ギャラリー矢田 第1展示室にて、原游の作品が展示されています!

 

「あいちからの発信/発進 -あいちから世界へ-」

県内の18の企画ギャラリーで構成される名古屋コンテンポラリーアートマップ(NCAM)。

各参加ギャラリーに所属する18名のアーティストの作品を展示し、NODA CONTEMPORARY からは、原游の作品を展示いたします。

アーティストの作品を展観しながら、あいちのアートシーンの活性化、国際展との協働、

そしてあいちから何を世界に発進していけるのか、発進すべきかを考える企画展となっております。

 

他の参加アーティストさんの作品も素敵な作品が多く、原游の新作作品も展示されます!

見るだけでも十分に楽しめる展示です!皆さんぜひお越しください。

 

 

 

 

 

 ギャラリー矢田ライブvol.20+展示会

「あいちからの発信/発進 -あいちから世界へ-」

会期:2016年10月4日(火)~10日(月・祝)

時間:10:00~19:00(最終日 17:00)

場所:市民ギャラリー矢田 第1展示室

 

《シンポジウム あいちから世界へ -いま何を発進すべきか-》

パネリスト:名古屋コンテンポラリーアートマップ(NCAM)参加ギャラリー、

      服部浩之(あいちトリエンナーレ 2016 国際展キュレーター)、島敦彦(愛知県美術館館長)、村田眞宏(豊田市美術館館長)

   日時:2016年10月9日 14:00~17:00

   場所:市民ギャラリー矢田 第1展示室

      ※シンポジウム終了後に交流パーティが開催されます(参加費 500円)

 

 

 

 

 

2016年10月03日