原游 市原湖畔美術館にて個展

 

ICHIHARA ART WINDOWという企画の第一弾!

 

今、注文すべきアーティストの個展を開催するシリーズが市原湖畔美術館で開催。

その第一回目のアーティストとして原游が展示することになりました。。

ICHIHARA ART WINDOWという企画は、市原湖畔美術館の大きな窓のあるホールで、

その窓をアートの「窓」としてオープンさせようという企画だそうです。

市原の大きな窓から見える原游の世界は、いったいどんな景色なのでしょうか。

原游の世界をぜひご覧ください。

 

また、「耳つき絵画」のワークショップや、レセプション、アーティスト・トークなどのイベントも開催。

ぜひイベントにもご参加ください。

 

 

ICHIHARA ART WINDOW 原游「山水 SAN-SUI」


山水とは、水、影、鏡のなかに生きるということ

中国から伝わった山水画は、もともと老荘思想、山水詩、桃源郷などの思想と重なった中に生まれ

日本では、中国のような広大な山水風景がないため、より「胸中の山水」として実景の上に、大きく心の風景を映し描かれてきました。

私は「胸中の山水」を、文字通り自分の体の中に山水があると考えました。

人間の体は、半分以上が水分なので、泉のようにいつでも何かを映し写しているのではないでしょうか。

うつりの中を自分がいなくなったり、複数になったりして遊行することが山水を生きることと思います。

(原游)

 

 期間:2016年9月16日(金)〜9月28日(水)
休館日:月曜日 祝日の場合は翌平日休館
 時間:平日10:00~17:00 土・休前日9:30〜19:00 日・祝9:30〜18:00
観覧料:一般500円、高校・大学生300円、小中学生200円
 会場:市原湖畔美術館 多目的ホールと情報ラウンジ

 

《関連イベント》日時:9月18日(日)

 時間:14:00〜15:30 「耳つき絵画ワークショップ」
参加費:500円
 定員:20名
    対象年齢3歳以上、予約不要

※詳細はこちらからご覧下さい。 http://lsm-ichihara.jp/event/hara2016

 時間:16:00〜 レセプション、アーティスト・トーク
   どなたでもご参加できます。

 

原游 公式ホームページ

 

2016年09月08日